CPUに塗るグリスはどれくらいの量が必要なのか?

      2016/08/22

aboltokboltja / Pixabay

CPUグリスの必要な量、選び方、ファンの脱着、塗り方を紹介します。
 

5年前に購入したパソコン。

CPUに塗られたグリスはカラカラに乾いてきたので、
グリスを塗り替えることにしました。
 

グリスはどのくらいの量が必要か?

1回に必要なグリスの量は、よく『米粒1粒~3粒くらい』と書かれています。

お米1粒の重さは約0.02g
1gもあれば十分です。

売っているグリスは1g~5gくらいの量で売っています。
けして少ないわけではないので安心してください。

▼米粒と比較してみた
grease
※つまようじに付着している量が、1回分の量です。
 

どのグリスを選ぶべきか?

blickpixel / Pixabay

CPUグリスはたくさんの種類があり、どれを選ぶか迷いました。

多くのレビューを見たところ、変なものを買わなければそれほど問題はないようです。

ざっと調べたグリスの比較がこちらになります。
※必ずしも表のとおりではありません。

■グリスの性能比較表(独断と偏見アリ)
○シリコングリス
 ↓高い&高性能
○セラミックグリス
 ↓高い&高性能
○シルバーグリス
 ↓高い&高性能
○ダイヤモンドグリス

 

■その他の代用品(独断と偏見アリ)
○液体金属:高い&面倒、性能はそこそこ?
○熱伝導シート:高い&簡単、性能は微妙?

 

●僕が買ったグリスはこちら(安いです)

▼シリコングリス酸化金属入 PA-080▼

 

CPUのファンの取り外し方、取り付け方(プッシュピン版)

これ、とても重要です!

ちゃんとやり方があるので無理矢理やらないように!

動画などを見て、イメージトレーニングしてからチャレンジしてください。

▼こちらの動画が比較的わかりやすいです。


 

グリスの塗り方

CPUと、CPUに接する部分のファンに、まんべんなく塗ります。

ここは神経質にならなくても、適量を適当に塗ればいいと思います。
どうせファンを取り付けたらグリスが押し出されます。

「塗りすぎ」「塗らなすぎ」「空気が入らない」の3つに注意しましょう。

▼こちらの動画が比較的わかりやすいです。


 

おすすめグリス:3選

●僕が買ったグリスはこちら(安いです)

▼シリコングリス酸化金属入 PA-080▼


 

●とても性能がいいダイヤモンドグリス
(お金があればこれが欲しかった・・・・・・)

▼ナノ・ダイアモンドサーマルグリス OC7▼


 

●迷ってるならこれ!的なグリス
(値段もお手頃で絶賛されています)

▼絶縁タイプ熱伝導グリース MX-4▼

 

 - パソコン , ,