【ハンドメイド】初心者が陥る勘違いと始める前にやっておきたいこと

   

stux / Pixabay

ハンドメイドを始める前に確認しよう!

ハンドメイドで勘違いされている2点と、始める前にやっておきたい3点を紹介します。
 

初心者が勘違いしていること

kaboompics / Pixabay

kaboompics / Pixabay

「簡単に出来そう~♪」は無理と思ってください!

すこし前までは、グルーガン+100均アイテム+小手先の技術で、お金が稼げたハンドメイド業界。

ですが、今ではプロや技術を持った人が大量に参入。

商品の質が大幅に上がってきています!

『簡単!』ではないんです。
 

初心者が軽い気持ちで参入しても、お金と時間を浪費するだけで稼げないことをご理解ください。

もう、簡単に出来るお手軽グッズを目指すのは止めましょう。

目指すのは"プロの出来栄え"の商品です。
 

トップがほとんど持ってきます!

「ハンドメイドで数百万円稼いでいる人がいる!」

こう言われると「私でも数万円くらいは稼げるかな?」と思うかもしれません。

でも、それは間違いです。

以前よりも、数万円を稼ぐのが難しくなっています。

有限な資源(購入者のお金)をトップにいる一部の作家さんが食い荒らし、中堅の作家さんたちは残りカスを奪い合っている状態です。
 

ハンドメイドサイトのホーム画面を見てください。

美麗な商品がいくつも掲載されています。

あなたが作ろうとしている物より魅力的だと思いませんか?

大抵の人は、魅力的なほうを買います。
 

 

これで、初心者が勘違いするハンドメイドの罠はおしまいです。

どうでしょう?
まだハンドメイドを始める気力はありますか?

それでも始めたい方は、先を読み進めてください。

 

初心者が始める前にやっておきたいこと

Comfreak / Pixabay

何が売れているかリサーチ!

自分が作りたい物と、実際に売れる物はイコールではありません。

どんな物が売れているのか、しっかりリサーチしてください。

▽参考になるサイト
・ネットオークション(楽天オークションヤフオク!等)
minne(ミンネ)
Creema(クリーマ)
 

○ネットオークション
ハンドメイドで検索して、どんなものが入札されているのか確認してください。
僕が楽天オークションを覗いたときは、バックばかり入札されていました。
上からバック、バック、バック、ピアス、バック・・・・・・。
 

minne(ミンネ)
現在のハンドメイドのナンバーワンサイトです。

月間人気ランキングを覗いてみてください。
人気の作家さんがズラリと並んでいます。
 

Creema(クリーマ)
こちらも有名なハンドメイドサイトです。

商品ごとに売れた個数が表示されます。
(10個より多いと『10人以上が購入』と表示されます)
また、作家さんのページから『販売済みの作品』を見ることができます。
リサーチするなら、このサイトは見逃せませんね!
 

商品が売れない理由を考える!

Creema(クリーマ)を覗いてみると、作品はすごいのに全然売れていない作家さんがたくさんいます。

なぜ売れないのか考えてみましょう。

特に、あなたが始めようとしている分野で、売れていない作家さんは要チェックです。

売れない理由がわかったら、どう改善したら売れるのかも考えてください。

商品を売り始めたら、必ず「売れない」壁にぶつかります。

その壁を乗り越える能力を鍛えてください。
 

▽例)売れない理由
・商品の質が悪い ←大抵これが理由
・値段が高い
・写真、商品説明が悪い
・ライバルが多い
・既製品のレベルが高い
・求められていない
などなど
 

素人がマネ出来ない技術を身につけよう!

技術を持っていなくても売れる商品はあります。

ですが、センスや面倒な手間が必要になり、かえって時間がかかります。

アイデア次第で、手軽に売れる商品もあるでしょうが、今そのアイデアがないなら技術を磨きましょう。

技術を磨きながらでもアイデアを捻り出せます。

長期的に稼ぐなら、そのほうが楽です。
 

▽マネするのが難しく人気のある技術
・ガラス細工
・金属細工
・革細工
・木工細工
・衣類、カバンの製作技術
などなど
 

狙い目のハンドメイド作品?

最近は食べ物も売っている!

jarmoluk / Pixabay

minneやCreemaで食べ物が出品されるようになりました。

見るだけの雑貨よりも、おいしいお菓子を買う人は多いんじゃないでしょうか。

しかも、一人のファンからの継続的な売り上げは、雑貨よりも高いと思います。

クオリティが高く、中毒性のあるものを売ればバカウレ間違いなしです!
(ヘンなクスリを入れろという意味ではありません)

まだ発展途上の分野で、売れ行きはイマイチのようですが、そのぶん開拓の余地があります。
 

技術は不要?3Dプリンターでプロ並に!

splotramienny / Pixabay

データを入力してボタンを押すだけ。

それだけで商品ができる3Dプリンターはハンドメイド作家さんにとっては恐ろしい装置です。

今のところ販売されている作品は微妙なものばかりですが、アイデア次第で化けてきます。
 

現在、金属製品が出来る3Dプリンターも開発されています。

個人でも気軽に購入できるようになれば、ハンドメイド業界に大きな影響がでるでしょう。
 

始めるなら大手のハンドメイドサイトで

ライバルは強大ですが、顧客の絶対数は魅力的です。

将来的に大きく稼ぐなら、minneやCreemaなどの大手で始めるべきです。

ここで売れれば、どこでも通用する技術と販促センスを身についたことになります。

ハンドメイドの最前線で、自分の技術を磨いてください。
 

 - ハンドメイド ,