価格をよく見て!高額商品の消費税を確認しよう

      2016/02/08

新年は電化製品が安売りする時期です。
せっかくなので、予備のパソコンを買いにいきました。
 

大量にある電化製品のチラシをチェック。
良さそうなパソコンを見つけて、お店に突撃。
商品を確保して、レジで会計を済ませるとき。
 

”あれ? 値段が高くなってない?”
 

チラシの価格は59,800円
レジでの価格は64,584円

5,000円近く増えています。
 

・・・もうおわかりだと思いますが、
チラシの価格は「税抜き価格」だったのです。
59,800円(税抜) → 64,584円(税込)

(帰ってからチラシをよ~く見ると、右下に税込み価格も書いてました)

通販になれて、税込み価格だと勝手に思い込んでました。
 

その後、3年保障にも加入したので+3000円。
7万近い金額になりました。

5万円台で買う予定のものが、7万円近い金額になった。
実際は1万円も差が無いのに、このように感じてしまいます。

チラシの衝動買いは気をつけるべきですね・・・。
 

というわけで、
 

通販に慣れている方は、価格表記に注意してください。

チラシの価格は税抜き価格。
通販の価格は(大抵)税込み価格。

特に高いものを買うときは注意!
思った以上の金額を払わされます。

税込み価格になれてしまっている方は注意してください。

消費税」をしっかりと確認しましょう。
 

ちなみに、

買ったパソコンの型番は
PC-LE150T2W-H2です。

少し使ってみましたが、
・CPUが遅い (1.40GHz)
・メモリが少ない (2GB)
・Windows8.1が使いにくい

いきなり3つも不満点がでました。

CPUって重要だったんですね(今更)。
今回で、ある程度のスペックは必要であることを認識しました。

使えないわけではないですが、
今のパソコンと比べると、どうしても遅く感じます。
 

 - 生活の知恵・発見 , , ,