スピードが命!メールアドレス流出時の対処方法

   

achinverma / Pixabay

メールアドレス流出時の対処方法を紹介します。
 

個人情報流出の可能性は、常に潜んでいます。

ニュースで大量流出を知ったとき、早急に実行することをお勧めします。

※Yahoo、Googleのメールサービスを対象にしていますが、他のメールサービスでも通用するはずです。
 

すぐに済ませておきたいこと

Gadini / Pixabay

履歴を確認してみる

不正なアクセスがないか、アクセス履歴を見てみましょう。

海外からのアクセスがある場合は要注意です!
 

▽Yahooメール
ログイン履歴

▽Gmail
最近のアクティビティ
 

パスワードを変更する

不正アクセスを防ぐために、パスワードを変更しましょう。

流出時にパスワードを変更しておきたいタイミングは2つあります。

1つ目:流出が発覚したタイミング
2つ目:流出方法が解明され、対策が施されたタイミング

1つ目のタイミングで変更しても、流出した方法と対策が施されなければ、また流出してしまう恐れがあります。

▽Yahooメール
Yahoo! JAPAN ID 登録情報
※上記リンク先の[パスワードの変更]から変更できます。

▽Gmail
Googleへのログイン
※上記リンク先の[パスワード]から変更できます。
 

さらにセキュリティを強化する方法

JuergenPM / Pixabay

ログインアラートの設定

不正なアクセスがあれば、登録しているメールアドレスに通知するサービスです。

不正アクセスが通知されたら即座に対応してください。

リアルタイムで重要な情報が盗まれているかもしれません!

▽Yahooメール
Yahoo! JAPAN ID 登録情報
※上記リンク先の[ログインアラート]から変更できます。

▽Gmail
セキュリティ通知の設定
 

2段階認証プロセス、ワンタイムパスワードの設定

ログイン時に認証を2回行う方法です。

1回目:通常のパスワードによる認証方法。
2回目:登録しているメールアドレス、または電話番号に確認コードを送り、そのコードをログイン画面に入力する認証方法。

面倒ですが、一度認証を済ませれば、その端末では通常方法でログインできます。

▽もう少しわかりやすい説明
Google アカウントの セキュリティを強化
 

▽Yahooメール
Yahoo! JAPAN ID 登録情報
※上記リンク先の[ワンタイムパスワード]から変更できます。

▽Gmail
Googleへのログイン
※上記リンク先の[2段階認証プロセス]から変更できます。
 

最後に:一度でも不正アクセスを受けたら・・・・・・

一度でも不正アクセスを受けたアカウントは、これからも不正アクセスをされやすくなります。

そんなアカウントを使い続けるのはリスクが高いです。

よっぽどの理由がない限り新規にアカウントを作りましょう。
 

 - セキュリティ ,