始めたばかりのブログに人を呼ぶならコメント回りが有効です

      2016/02/08

集客の視点で「コメントするメリット・注意点」を紹介していきます。
 

コメントのメリット

コメントは飛び込み営業のようなもの。
コメントする相手は次第ですぐに効果がでます。
 

コメントすれば1人は呼べる!?

コメントされた側としては、どんな人がコメントしたのか気になります。
リンクがあれば、とりあえず見に来ます。

特に、コメントがないブログにコメントされたら嬉しいものです。

コメント・リンク先の内容によっては
「この人は僕のことを理解してくれている」と感じてファンになってくれるかもしれません。
 

たくさんの人が目にする

大手ブログにコメントすれば、多くの人の目に止まります。
多くの人の目に止まれば、中にはリンクを踏んでくれる人もでてきます。

コメントで「この人いいこと言ってる!」と思わせれば、リンクを踏んでくれる確率は高まります。

普通に「○○の内容が、△△のように参考になりました。」というコメントでもOKです。
 

コメントの注意点

1度コメントを投稿してしまうと、
変更・消去するには、ブログ主にお願いするほかありません。

そんな目にあわない為にも、コメントを投稿するときは十分注意してください。

メモ帳に下書きしてから投稿しましょう。
 

コメントを投稿する前に確認すること

最低限以下のことは確認してください。

  • 誤字・脱字はないか?
  • 相手が不快にならない内容か?
  • 記事の内容・ブログ主の意図を勘違いしていないか? 等

 

最低限のマナーとして

極端な見方をすると、
リンク付きコメントは、全て広告です。
”僕のブログを見て!”という裏の意味があります。

だからといって、あからさまに自分のブログに誘導する内容はマナー違反です。

「あなたのブログの○○という記事を読んだら、魂の震えを感じた。是非そのお礼を言いたい。」
このような内容を、自然な形で演出してください。
 

他の人のコメントを見る

コメントに、そのブログ独自の法則性があることがあります。
暗黙のルールがあるんですね。

他の人のコメントを見ればすぐわかるので、よく見ておいてください。

コメントしてから、悪目立ちしていることに気づくと恥かしい気分になります。
 

番外編:初めましてコメント

アメブロの記事を見ると、よく見かけるコメントです。
 

▽ 初めましてコメント:概要 ▽


タイトル:初めまして♪
あなたのブログはとても参考になります。
僕のブログも見に来てください。
リンク:○○


 

どんなブログにもコピペできる簡単なコメントです。
目に付いたブログに、このコメントを次々と書き込む方法です。

アクセスを集めることが目的なら有効な方法だと思います。
ただ、コメントされた側はコメントの意図に気づくと不快に感じます。

この方法でコメント回りをする場合は、相手が不快に感じることを自覚してください。
 

コメント:まとめ

  • コメントされた側は、気になって見にくる
  • 大手ブログはたくさんの人が目にする
  • コメントを投稿する前に確認すること
  • 最低限のマナーとして
  • 他の人のコメントを見る

 

 - SEO ,